インドの大気汚染に挑む 驚異の鼻マスク Nasofilter

 カテゴリ: 大気汚染対策, 環境問題対策企業
Pocket

日本ほどマスクが浸透している国はないのではないでしょうか。
花粉対策のために多くの人がマスクをしているのを見かけますが、その光景は海外の人にとっては異様に見えるようです。

そんな中、目立たないマスクとして鼻マスクというものが出てくるようになりました
日本ではあまり見かけることのない鼻マスク(ノーズマスク)ですが、インドで注目を集めている企業があります。それがNasofiltersを開発したNanoclean Globalです。


Nanoclean Globalとは

nasofilters

今回ご紹介するインドのスタートアップはNasofiltersとよばれる鼻マスクを開発したスタートアップ、Nanoclean Globalです。

CEOは若干25歳と若く、大学卒業と同時にNanoclean Globalを設立しました。しかしながら、その技術は多くの注目を集めており、NasofiltersはStartup National Award 2017で受賞するなど今後期待がされています。

Nanoclean Global 公式サイト

インド ニューデリーの大気汚染

インドニューデリーの大気汚染は深刻で、ひどい日は1日外にいるだけで50本のタバコを吸うのと同じ程度の悪影響を体に及ぼしていると言われています。

2017年の世界保健機関(WHO)の調査によれば、ニューデリーのPM2.5の年平均濃度は、中国北京の約1.4倍となっており、その深刻さがわかります。
地域によっては、大気汚染のため休校となったり、空港の滑走路が一時閉鎖されるなど様々なところで影響が出ています。

Nasofiltersとは

鼻マスク

Nanoclean Globalは大気中に含まれる汚染物質の体内への侵入を防ぐNasofiltersを開発しました。
Nasofiltersを鼻孔に貼るだけで汚染物質の侵入を防ぐことができます。

ここではNasofiltersの詳細を見ていきます。

  • 価格:10ルピー(15円)/個
  • 使用可能時間:最大12時間
  • 効果:PM2.5の除去効率は90%

除去率は90%となっていますが、NanoCleanによればマスクとは異なりマスクと肌の間に隙間が無いため、95%除去率のマスクよりも効果的だそうです。
また花粉はPM2.5よりも10倍ほど大きく、花粉に対しても効果的です。

Nasofiltersの使い方

まとめ

大気汚染の問題を解決するには年単位の時間が必要です。しかしながら、人間は秒単位で空気を吸う必要があります。
Nasofiltersは大気汚染の根本的な解決にはなっていませんが、目の前の問題を解決しようとしているのです。


Pocket

おすすめの記事

Leave a Reply

avatar
  Subscribe  
Notify of
Contact Us

We're not around right now. But you can send us an email and we'll get back to you, asap.

Not readable? Change text. captcha txt

Start typing and press Enter to search