植林する検索エンジン企業 ECOSIA

 カテゴリ: 森林破壊対策, 環境問題対策企業
Pocket

毎日の検索で植林ができることをご存知でしょうか。
植林のためにボランティアをするよりも、寄付をするよりもずっと簡単に植林する方法があります。
今回は、それを可能にしているECOSIA(エコジア)という企業(ブラウザ/検索エンジン)をご紹介します。

環境問題をわかりやすく伝える地球環境防衛ラインに記事を作成しました。

こちらでもecosia(エコジア)の魅力がよく分かります。




ECOSIA(エコジア)とは

ecosia
Ecosia 公式サイト

世界中を旅する間、森林破壊の問題に直面した Christian Kroll(クリスチャン・クロール)は旅の後、この問題を解決する手段としてEcosiaを立ち上げました。


検索するたびに植林ができる検索エンジン


誰でも簡単に、そして世界中の人が参加できる植林ボランティアがまさにEcosiaと言えます。いつもGoogleやYahoo!で検索するように、Ecosiaで検索することでEcosiaに収益が入り、その収益(余剰収益)のうち8割が植林ボランティア団体へ寄付される仕組みとなっています。

2009年の創業以来、多くの注目と多くの賞をとったEcosiaは2018年8月現在、累計3,400万本以上の木を植えています。

ECOSIA(エコジア) のビジネスモデル

余剰収益の8割を植林ボランティア団体に寄付するEcosiaはどのようにして収益を生んでいるのでしょうか。
彼らのビジネスモデルはGoogleやYahoo!、Bingと同様、広告収益モデルとなっています。検索したときにでてくる広告をクリックするとEcosiaに収入が入ります。

もちろんすべてのユーザーが広告をクリックするわけではないのですが、平均すると1検索あたり0.005 ユーロ(0.65円)の売上になっているようです。その売上のうち、6.7百万ユーロ(8.6億円)を寄付してきています。

10億本の木を植える

Ecosiaでは2020年までに10億本の木を植えることを目標としています。今のまま行くと高い目標値ですが、日本でもユーザー数が増えるとまだまだ実現できる可能性はあるかと思います。

どんな木を植えるべきか

その土地にあった木を植えることも大事ですが、近年では竹や麻がサステナブルな植物として注目されていますね。
麻を使ったトイレットペーパーがサステナブルだということで、麻をいろんなことに活用しようという試みがあるようですね。

竹については竹歯ブラシや最近では竹製(竹の繊維を使った)服や靴下なども見かけるようになりました。

今後、ECOSIAで植えられる木も選べるようになるといいですね。




Pocket

おすすめの記事

Leave a Reply

avatar
  Subscribe  
Notify of
Contact Us

We're not around right now. But you can send us an email and we'll get back to you, asap.

Not readable? Change text. captcha txt

Start typing and press Enter to search